--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/01/10 Sat
そこにあった ものはもう古くて。

古いもの はだんだん必要なくなって。

必要としてる のは自分だけで。

自分だけ が古いものに拘って。

拘りすぎて 諦めるのに時間がかかって。



「カタチあったものはいつかなくなってしまう」
なんていうのは今まで生きてきて知らないはずはなかったのに。
つい楽しくて居心地がよくて、それが当たり前になってしまって
考えないようにしてしまっていた。
避けてきたことの代償は大きくなって返ってきて
今、自分の手元からなくなってしまいそうになっている。
否、「自分の手元にあったもの」ではなくて。元々なかったわけで。


寂しいなあと思うし、つまらないなあとも思うし
残念だなあとも思うし、そんなもんだよなあととも思うし。

そもそも最後がこうなるということは
自分は別にいなくてもよかったんじゃないか。
必要とされてなかったんじゃないか。
というところまで考えてしまう面倒くさいヤツで。



ああ。
諦める ていうのはなかなか難しいなあ。
離れられていないのは自分だけなのにな。

trackback (0) | comment (0) | ・ まったりと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。